ヒアルロン酸注射のご案内

プチナビTOP > ヒアルロン酸注射ガイド

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸とは ヒアルロン酸は1934年に米国コロンビア大学のマイヤーとパルマーによって発見。牛の硝子体(眼球)から発見されたため、硝子体を表すギリシア語の「ヒアロイド(hyaloid)」と多糖体の構造単位である「ウロン酸(Uronic acid)」からヒアルロン酸(hyaluronic acid)と名付けられました。
ヒアルロン酸はアミノ酸の一種であるムコ多糖で、炭素、水素、酸素、窒素から構成されています。ヒアルロン酸は体内では皮膚や眼球に多く存在しています。ヒアルロン酸の分子構造はアミノ酸の基本構造と同じで、アミノ酸同様に分子量が大きい糖類です。 分子量が大きく、肌の表面に塗ったからといって皮下に吸収されることはありません。
もともと体内に含まれる物質なので、ヒアルロン酸を注射薬にして、整形外科分野では関節に注射したり、美容整形分野では皮下に注射することで肌の若返りに用いられるようになりました。




ヒアルロン酸注射の歴史

ヒアルロン酸は、1934年に米国のコロンビア大学教授のマイヤー博士らによって牛の眼の硝子体から初めて分離された。ヒアルロン酸(Hyalironic Acid)とはギリシャ語のHyaloid(硝子体)、多糖体の構造単位であるUronic acid(ウロン酸)をあわせた造語である。その後の研究から、ヒアルロン酸は人間の体内の水分の多い皮膚や関節、眼、脳、心臓などに存在していることがわかり、水分を保持する成分として認知された。1970年代に関節炎を患った競走馬の関節にヒアルロン酸を注射したらレースで勝利を収めたことがきっかけで、人への応用が期待され研究開発が始まったと言われています。日本では1987年に変形性関節症の治療薬としてヒアルロン酸製剤が開発され、その後医薬品として整形外科のほか眼科や外科の治療にも幅広く利用されるようになった。また水分保持能力の高いことから化粧品や健康食品の分野でも注目され、現在では美容業界においてなくてはならない存在になっている。近年アンチエイジングへの関心が高まる中、簡単に若返る方法としてヒアルロン酸注入が大流行している。以前までは、コラーゲン注入法が主流であったが、動物由来のためアレルギーテストが必要で安全性に対し疑問視されていた。また鼻を高くするなどの形状を整えることは難しく、しわを改善する以外には使用できなかった。その点ヒアルロン酸注射はアレルギーテストの必要がなく極めて安全性が高い。硬さや粒子も様々なものが開発されたためしわを改善する以外にも鼻や顎などの形状を簡単に整えることが可能になったのだ。日本では1990年代後半からヒアルロン酸治療が広まり、現在ではプチ整形を私たちにとってより身近なものにしてくれた重要な存在と言える。




ヒアルロン酸注射の種類

美容外科領域におけるヒアルロン注射製剤の種類について、ヒアルロン酸製剤にはいくつかのメーカーがあり、製品の特徴がそれぞれ違います。どのヒアルロン酸が良いか?というのは医師の見解は相違でどれが一番優れている製品かというのは一概には言いきれません。言いかえれば大差はないという考えを持つ医師も多いのが実情です。

製品名世界における承認ヒアルロン酸含有量ボタン
ジュビダームCE取得/FDA承認24mg/ml詳細
レスチレンCE取得/FDA承認20mg/ml詳細
プリベールCE取得/FDA承認5.5mg/ml詳細
ピュラジェンCE取得20mg/ml詳細
エセリスCE取得20mg/ml詳細
テオシアルCE取得25mg/ml詳細
ロフィラン非公開非公開詳細
レビダーム非公開非公開詳細
ハイラフォーム非公開非公開詳細
リバネッセ非公開非公開詳細
リデキシス非公開非公開詳細
アマリアン非公開非公開詳細
ビサジェル非公開非公開詳細
コスモダーム非公開非公開詳細
エボレンス非公開非公開詳細
アーテコール非公開非公開詳細
アクアミド非公開非公開詳細
レディエッセ非公開非公開詳細
ニューフィル非公開非公開詳細
ノヴィエール非公開非公開詳細
バイオアルカミド非公開非公開詳細
ダーマライブ非公開非公開詳細

プチ整形キャンペーン プチ整形でできること プチ整形、ヒアルロン酸注射 プチ整形、ボトックス

プチ整形トップボトックスヒアルロン酸注射二重まぶた(埋没法)下まぶたのクマ若返りメソテラピーレーザー治療