ふくらはぎを細くするボトックス
ヒアルロン酸総合サイト

プチナビTOP > メソセラピー

メソセラピー

メソセラピーは注射剤の作用に応じて、さまざまな効果を得ることができる治療技術です。育毛メソセラピーは、頭皮の血行改善や成長因子を補充することで抜け毛・薄毛の治療に用いられ、脂肪溶解注射は、フォスファジルコリン(レシチン)という薬剤を、皮下脂肪に注射して脂肪細胞を分解(乳化)して体積を小さくするメソセラピーです。また、ヒアルロン酸や成長因子を混ぜ合わせたエイジングメソも存在します。いずれの治療の外科手術のように劇的な変化はありませんが、すべて注射で治療するため傷を残さない。ダウンタイムの非常に少ない治療として人気があります。しかし、現実にメソセラピーにはさまざまな問題が発生しています。それは満足のいく結果を得ることができない。傷ができないはずなのに、皮膚表面がおかしくなったなど増加傾向にあります。その理由として簡単な治療だからこそ、未熟な医師でも治療ができてしまうことです。素人程度の知識しかない医者では、適切な結果を得ることができないだけではなく、さまざまなトラブルに巻き込まれるということを知っておこう。

メソセラピーの種類

脂肪溶解注射/育毛ケア/スキンケア

脂肪溶解注射の推奨部位

二の腕/腹部/ウエスト/背中/太もも/ふくらはぎ

脂肪溶解注射を避けるべき部位

下まぶた/頬/顎

脂肪溶解注射と脂肪吸引の比較

部分的な痩身として脂肪溶解注射は本当に有効なのか。脂肪吸引に変わる治療なのか?しかし、現実的には脂肪溶解注射は脂肪吸引に変わる治療ではない。脂肪吸引の効果は絶対であり確実なもの。
脂肪溶解注射が変わることはない。もちろん、原理から考えれば脂肪溶解注射は詐欺のような治療じゃない。しかし、効果に個人差が出やすい。繰り返して注射しなくてはいけない。それだけ大変な思いをしても効果に個人差が出る以上、絶対的に勧められる治療ではない。脂肪溶解注射は、絶対に手術が嫌な人。一定お金に余裕のある人が受けるべき治療ではないだろうか。ここでは脂肪溶解注射と脂肪吸引の簡単な比較をした。
脂肪溶解注射 脂肪吸引
痩身効果
痛み △※1
ダウンタイム
治療費用 ×

※1 術後の痛みは内服などで十分コントロールできる。

このようにメソテラピーは脂肪吸引に変わる夢のような治療ではない。脂肪吸引をおこなわず(正確には脂肪吸引すらできない)メソテラピーだけしか推奨しない医師は、患者に正しい情報と正確な医療情報を持つべきであろう。

こんなクリニックは避けること

外科手術ができない。
ホームページなどで医者が公開されていない。
料金が明確ではない。
経験未熟な若い医師。

プチ整形キャンペーン プチ整形でできること プチ整形、ヒアルロン酸注射 プチ整形、ボトックス

プチ整形トップボトックスヒアルロン酸注射二重まぶた(埋没法)下まぶたのクマ若返りメソテラピーレーザー治療