ヒアルロン酸総合サイト

プチナビTOP > 目の下のくま

目の下のくまを治したい!もう老け顔なんて言わせない!思わせない。下眼瞼脱脂で目の下のくま、膨らみを取って10歳若返る。仕事に支障のでない治療の魅力に迫る!!

目の下のくまにはいろいろなタイプがある。くまの種類や原因を知って自分にあった治療を選ぼう

「目の下のくま」いつまでそのままにしておくの!?私はくまのタイプと原因を追究し、徹底的にケアする。
青色のくま、黒っぽいくま、たるみのあるくまなど、目の下のくまと言ってもいろいろなタイプがある。それぞれのくまのタイプですべて原因が違います。目の下のくまを取ることで大切なのは「くま」の原因を解決しなければどんな治療を受けたところで解決はしません。
失敗しない目の下のくま取りを受けるならまずは、「くま」の原因を知ることが大切です。ここでは目の下にできるくまのタイプ、原因を徹底的に解明します。


目の下のくまのタイプと原因・治療法について

影ぐま

色ぐま

影ぐま
(影ぐま)
茶ぐま
(茶ぐま)
青ぐま
(青ぐま)
目の下のくぼみによって出来てしまう厄介なくま。メイクで隠すことが難しく、老け顔に見えてしまうため、真剣に悩んでいる人が多い。若い世代で悩んでいる人も多く男性も比較的多い。ホルモンタンクと呼ばれた事もあるが今は死語に近い。
原因
眼窩脂肪の突出、頬のたるみによって目の下にくぼみができる、脂肪の委縮など
主な治療
下眼瞼脱脂、ヒアルロン酸注射、脂肪注入、下眼瞼切開など
しみや肝斑などによる肌そのものに色が付いてしまい目の下のくまとして抱えるスキントラブルです。コンシーラーなどのメイクで隠すことはできる。主な治療は美白剤の使用。状態に応じてレーザーやイオン導入などを用いることでより高い効果を得られる。
原因
化粧品かぶれや、日焼けによるメラニン色素の蓄積によってできる目の下のくま
主な治療
美白剤、レーザー治療、ケミカルピーリング、内服など
皮膚のそのものが非常に薄いために透過性が高く、眼輪筋の色がうっすらと青っぽく見えてしまう目の下のくま。メイクで隠すことができるため深刻に悩む人は比較的少ないが、皮膚が薄いため乾燥傾向で、ちりめんじわなどのトラブルも多い。
原因
もともと皮膚が薄い方、加齢による皮膚の菲薄化によって筋肉の色が透けている
主な治療
下眼瞼切開、線維芽細胞移植術が有効。レーザーは基本的には無効である。



最先端のくま取りレーザー治療。たった15分で目の下の膨らみが取れ、目の下のくまは解消する!!

傷が残らない。治療の痛みも感じない。それでいて確実な効果がある!!仕事や普段の生活に一切の支障を起こすこともないのが「下眼瞼脱脂」 目の下のくまの治療といっても傷が残ったり、腫れが酷かったりするような方法なら誰もが簡単に受けることはできない。しかし、傷を残さず、痛みもない。ましてや仕事に一切支障をきたさず簡単に受けることができる。そんな治療があるのなら「目の下のくま」で悩んでいる人なら絶対に受けてみたいはず。ここでは最先端の「下眼瞼脱脂」を中心としたいくつかの目の下のくまの治療法をご紹介します。



下眼瞼脱脂による「目の下のくま」取り
目の下の「プクッ」とした膨らみ。それはたるみやくまに見えてしまうスキントラブル。その原因は「眼窩脂肪」と呼ばれる脂肪にある。下眼瞼脱脂は目の下のくまの原因である余分な「眼窩脂肪」を取り除いて膨らみを取り除き目元を10歳若返らせることができる最先端の美容治療です。 治療術式は、下まぶたの裏側からアプローチし眼窩脂肪を露出させ、余分な眼窩脂肪を取り出します。取り出す場所・位置がクリニックによって工夫されており、技術・経験で取りすぎや効果不足など仕上がりに違いが出てきます。

下眼瞼脱脂の実際、図解

傷跡が残らない:皮膚表面に一切の傷を付けることは無いため、切開した傷跡が残る心配がない。
確実な効果がある:眼窩脂肪は確実に除去することができるため、膨らみは確実に解消させることができる。ただし、適応の判断が大切である。
日常生活への制限がない:皮膚を切開しないため著しい腫れや、抜糸などの制約がないため仕事などを含め、普段の生活に支障をきたす心配がない。
周囲にバレずに治療できる:表面に一切傷がなく、腫れもかなり少ないため、手術・治療を受けたと感ずかれることなく安心して治療を受けることができる。

これらの特徴が有効なのは医者の技術で大きく左右されることを忘れてはならない。医師であれば誰でも同じ経過・結果を辿るのではなく、雲泥の差が出ることを肝に銘じておくべきである。大切なのはやはり医者選び! 安っぽい広告や詐欺まがいの医師の経歴に騙されて本来安全に受けることのできる、目の下のくまの治療「下眼瞼脱脂」で失敗しないためにはしっっかりとした知識を持っておきましょう。


再発のリスク
Q:どれくらい効果が持続するのか? 再発することはないのか?
A:下眼瞼脱脂については、どれくらい持つか?というのは答えがありません。あくまで下眼瞼脱脂というのは、プクッと膨らんでいる過剰な脂肪を除去することが一番の目的であり、それが治療のゴールです。治療後に皮膚の状態を平ら、フラットにすることしかできません。眼窩脂肪というのは年々増える訳ではありませんが、眼球を支えている靭帯が緩み、その重みによって圧迫されるため、前方に押し出され膨らみを作り出して「目の下のくま」が出来てしまいます。なので厳密に言えば再発ということではないんです。これを予防することはできませんし、対処法もありません。自然な老化と考えるしかないんです。
しかし、治療をするのとしないのとでは全く違います。再発する可能性があるから治療しないという人もいるようですが、治療しなければもっと酷い膨らみを形成します。膨らみ切った状態で治療してもそれだけ目の下の皮膚は広げられていますから、皮膚のたるみやしわは悪化するでしょう。下眼瞼脱脂の考え方は出てきたらその都度取ること。出来る限り早期の治療が皮膚のたるみも同時に予防することができるのです。

治療のリスク
眼窩脂肪の過剰な取りすぎによって、目の下に窪みが生じてしまい新たな「目の下のくま」を形成してしまう。
皮膚の著しいたるみには効果がない。
皮膚の状態によってはしわが出来やすくなる。
膨らみだけではなく、頬のたるみによる凹みがある場合、効果の満足度が低くなる。そのためヒアルロン酸注射や脂肪注入など複合的な治療が必要となることもある。また、特殊な技術を有するが、眼窩脂肪の位置を引き下げて固定し、くぼみを少しでも解消させることも一部のクリニックでは可能である。



下眼瞼脱脂以外の目の下のくまの治療のご紹介 眼窩脂肪の過剰な取り過ぎによって、目の下に窪みが生じてしまい新たな「目の下のくま」を形成してしまう。皮膚のたるみには効果がない膨らみだけではなく、頬のたるみによる凹みがある場合、効果の満足度が低くなる。そのためヒアルロン酸注射や脂肪注入など複合的な治療が必要になることもある。また、特殊な技術を有するが、眼窩脂肪の位置を引き下げて固定し、くぼみを少しでも解消させるこもと一部のクリニックでは可能である。


治療法①「ヒアルロン酸注射」ー ヒアルロン酸を目の下のくまに直接注射して治す!!
ヒアルロン酸注射で治せる「目の下のくま」は、目の下にくぼみのあるくま、たるみによって影やくぼみに見えるくまに対して効果があります。目の下のプチ整形として代表的な治療で多くの人が受けている実績がある。
治療のリスク ミミズ腫れ、内出血など
もっと詳しくヒアルロン酸注射を知る



治療法②「下眼瞼切開」ー 皮膚のたるみを一気に引き上げて若返ることができる!! 下睫毛の真下を切開して皮膚を切開・切除して引き上げる目元のリフトアップ。皮膚を切開するため、ダウンタイム(日常生活への制限)を伴う美容整形手術のひとつ。皮膚に著しいたるみのある人はこの手法が最も望ましい。
治療のリスク 傷跡、左右差、外反(アッカンベー状態)など


治療法③「脂肪注入」ー 目の下のくぼみに注射して、目の下のくまを解消させる!! お腹やお尻、太ももから皮下脂肪を採取して、生着のよさそうな脂肪を抽出し、目の下に直接注射して目元を若返らせる方法。傷は残りませんが、脂肪の生着率にバらつきが大きく安定した結果を得るのは難しい。
治療のリスク しこりなど



美容外科で行われている治療の怖さを知ろう!目の下のくまの治療は失敗すると修正不可能という最悪のリスクが極めて高い。

美容外科で行われている治療はすべて安全という訳ではありません。自由診療は医師の裁量で法的な規制を受けることなく治療を自由におこなうことができます。もちろん、医療の進歩・発展のためには必要なことですが、それを平然とおこなうだけでなく、高額な費用も請求する暴走医がいる。残念なことにそうういった暴走医は極稀だろうと思わない方が良い。現実には多くの美容外科医は暴走医なのである。
暴走医を食い止める手立てはない!!正しい情報を把握して巻き込まれないことが大切である。(目の下のくまの治療のリスク)注射部位の凹凸 改善するまでには数年単位での期間を要するため、引き起こした場合は最悪である。特に以下の治療は慎重に検討すべきである。


PRP/WーPRP 自分自身の血液から血小板を抽出し、血小板から放出される成長因子を使って肌の若返りを期待する治療でです。残念ながらPRP単独での効果はほとんど実感することはできないため、いろいろな薬剤(主にはフィブラストなどの成長因子)を混ぜて行っている。ただし、フィブラストは目的は違えど、厚生労働省が認可した薬剤ですが、美容外科で用いられている薬剤はそういった正規品ではなく、韓国など国外から個人輸入した薬剤の使用が多いのが実情です。
(リスク)注射部位の凹凸 改善までするまでに数年単位での期間を要するため、引き起こした場合は最

成長因子 ーb-FGF と呼ばれる線維芽細胞の成長因子を肌に注射して若返らせる方法です。くまの治療として用いているクリニックも増えていますが、安全性は確立されていません。学会でもいろいろと議論はされていますが、注入濃度を含めた使用法に確立されたものはなく、得られる効果よりも満足度が非常に低く、逆に失敗のリスクが高い治療です。現実にはあまりよくわからず使用している医師も多く、皮下への注射はメーカーも推奨は一切していません。(フィブラストスプレーに限る) 治療法が未だ確立されておらず医師も手探りの状態で治療している現実がある。知らないうちに高い治療費を払って人体実験されていることを忘れてはいけない。

美容外科・美容皮膚科で行われている治療にはすべて「効果には個人差があります」と説明もされるでしょう。ホームページにも表記されているでしょう。もちろん体ですから個人差があるのは当然。しかし、効果の乏しい、満足度の低い治療であるにも関わらず、効果には個人差があるって平気で言えるのが美容外科医なんです。


目の下のくまを治すならココ!医者の技術ひとつで仕上がりは大きく違う!!
最近、注目されている「目の下のくまの治療」。同じ治療法・術式であったとしても医者の技術・経験で仕上がりは全く違う。効果が無いだけでならまだ許せるが、取り過ぎてしまい窪んでしまったり、返って目の下のくまが強調されたりと不慣れな医師、下手な医師によるトラブルも少なくない。ホームページは専門としてあってもそれはあくまで集客するための表現手法。コンテンツのひとつでしかない。ここでは「下眼瞼脱脂」の実績と治療技術の高い名医をご紹介します。

失敗しない「目の下のくま」治療は信頼できる名医が必須条件!!
慶友形成クリニック ベストクリニック 慶友形成クリニック東京/大阪・神戸院

美容外科・形成外科専門医として20年の実績は名医としての証。
「目の下のくま」のレーザー治療"下眼瞼脱脂"を日本で導入した先駆者でもある蘇医師。現在、慶應義塾大学医学部形成外科で美容外科の非常勤講師として多くの医師の指導にあたりながら、慶友形成クリニック東京本院と大阪・神戸院で多くの下眼瞼脱脂を手掛ける名医である。数々の美容雑誌や医療系雑誌からも「医師が勧める名医・推奨クリニック」として常に名を連ねる。目の下のくまの治療においては間違いなく彼がベストドクターと称されている。

プチ整形キャンペーン プチ整形でできること プチ整形、ヒアルロン酸注射 プチ整形、ボトックス

プチ整形トップボトックスヒアルロン酸注射二重まぶた(埋没法)下まぶたのクマ若返りメソテラピーレーザー治療