ヒアルロン酸注射(目の下)

目の下のヒアルロン酸注射
目の下のシワや窪みは老いだけじゃなく、疲れ切った
印象を与えてしまう。ヒアルロン酸注射で速やかな解消を!

目の下のしわ(ヒアルロン酸注射)
目の下のしわにはヒアルロン酸注射がお勧め!!
目の下のしわには、皮膚の乾燥によるちりめんジワや、たるみによって発生するしわがあります。いずれも加齢による肌の老化です。十分な保湿でも改善しないことが多く、スキンケアとヒアルロン酸注射を併用することがもっとも効果的な目の下のしわ取りになります。
目の下へのヒアルロン酸注射は医者の技術で失敗のリスクは限りなく少なくなります。料金や近くだからという理由で選ぶのではなく、正しい技術を持った医師による治療を受けましょう。

ヒアルロン酸注射の効果
ヒアルロン酸を皮膚に注射することで、周囲の水分がヒアルロン酸周囲に取りこまれハリが出ます。しわに対してはしわの溝になっている部分の直下にヒアルロン酸を注射するため、下から皮膚が持ち上げられてしわを取ってくれます。ボトックスと違い注入直後から効果が認められます。

ヒアルロン酸注射の効果の持続
使用する製品の種類によっても違いがありますが、通常、半年から1年程度持続します。ヒアルロン酸リタッチといって残っているヒアルロン酸を継続して注射する場合、残留するヒアルロン酸の吸収が遅くなるという報告もありますが、この意見には賛否があり実際には不明慮な部分も大きいとされています。

目の下のしわに対するヒアルロン酸注射の費用
使用する製品や、注入量によっても変わってきますが、相場としては4から8万円程度です。

クリニックの選び方
ヒアルロン酸注射で気をつけなくてはいけないのは、純正のヒアルロン酸を使用しているか否かです。吸収されないヒアルロン酸はコストパフォーマンスという面においては非常にメリットが大きい。しかし、非吸収性の注入剤というのは安全性の問題だけではなく、万一、注入位置がずれてしまったりした場合取り返しがつかない問題を引き起こします。また、レディエッセについても目の下への注入は要注意です。下まぶたの皮膚は非常に薄くレディエッセを使うと皮膚が白く透けたり、凹凸になる可能性が非常に高いです。

下まぶたのクマ(ヒアルロン酸)
下まぶたのクマは2か所できることがある。1つ目のクマは、加齢によって頬の肉がたるんでくることにより生じるクマ。頬の肉が下がることにより頬と下まぶたの境目がくぼんで影になるのだ。2つ目は、眼窩脂肪が萎縮して下まぶたがくぼみ生じるクマ。この2つのクマは顔の中で影を作り暗く元気がない印象や、老けた印象を与えます。このくぼみにヒアルロン酸を注入することで、下まぶたをふっくらさせ、くぼみを改善させます。目元は皮膚が非常に繊細なため、注入箇所や注入量を間違えると凸凹になる可能性もあるので、医師の高い技術力も必要になってきます。

ヒアルロン酸注射の効果
ヒアルロン酸はもともと体内に存在し、水分を保持する成分です。ヒアルロン酸を目の下の凹みに注射し、皮膚を内側から膨らませることで下まぶたの凹みを補います。

ヒアルロン酸注射の効果の持続
使用する製品の種類によっても違いがありますが、通常、半年から1年程度持続します。ヒアルロン酸リタッチといって残っているヒアルロン酸を継続して注射する場合、残留するヒアルロン酸の吸収が遅くなるという報告もありますが、この意見には賛否があり実際には不明慮な部分も大きいとされています。

目の下のクマへのヒアルロン酸注射の実際
クリニックによって、手技は様々です。一般的には注入する部位に麻酔クリームや麻酔テープを塗布し表面麻酔をおこないます。表面麻酔が浸透し、麻酔の効果が現れたらヒアルロン酸を注入します。基本的に注入直後より効果が現れます。

目の下のクマのヒアルロン酸注射の費用
使用する製品や、注入量によっても変わってきますが、相場としては4から8万円程度です。

目の下の窪みの原因・治療

関連記事

  1. ヒアルロン酸(目尻)

    ヒアルロン酸注射(目尻)

  2. 唇へのヒアルロン酸注射

    ヒアルロン酸注射(唇)

  3. 頬へのヒアルロン酸

    ヒアルロン酸注射(頬)

  4. ヒアルロン酸注射の名医

    ヒアルロン酸注射の名医

  5. ヒアルロン酸注射(首)

    ヒアルロン酸注射(首)

  6. ヒアルロン酸(こめかみ)

    ヒアルロン酸注射(こめかみ)